妊活つらい

産み分けをあきらめたら・・・

一人目の子供は男の子で、すぐに妊娠することができました。3歳差ぐらいで兄弟を作ってあげたいなと思っていて、次は女の子がどうしても欲しくなり、産み分けの本を買って勉強をしていました。

 

私の中では一人目同様、すぐに妊娠できるだろうと考えていました。毎日基礎体温をきちんと計り、生理が終わったころから計画的に妊活をしていました。主人も協力してくれていたのですが、予想外に妊娠できず半年が経っていました。

 

半年経った頃、体に異常がないか産婦人科を受診。異常がないことでタイミング法の指導を受けていました。

 

ところがなかなか結果が出ませんでした。そんな中、一人目の子供の同年代のママさんが二人目妊娠ラッシュ。

 

同級生も結婚するという報告と同時に妊娠の報告。その友達は「子供を作る気はなかったんだよね」と言われました。

 

他の友人も、二人目を妊娠し「予定外の妊娠だった」と聞いた時は友人はなぜ望んでいない妊娠をして、こんなに妊娠を望んでいる私には赤ちゃんは来ないのかとすごくへこみました。

 

しばらくして産み分けをすることは諦め、基礎体温もストレスとなるため毎朝計ることは止めました。生理が終わってから高温期に入るまでの期間だけ基礎体温を計ることにしました。その後ストレスが減ったのか、ようやく赤ちゃんを授かることができ今は幸せな気分です。